備長炭専門店/関商店

備長炭は地球に優しい

炭は電気やガスよりも地球に優しい燃料です。
炭を燃やすと温室効果ガスである二酸化炭素等を発生します。
しかし、木が育つときに光合成により空気中の二酸化炭素を吸収し、それを木の中に蓄えていますので、燃やして出る二酸化炭素と同じ量とみなされプラスマイナスゼロ(カーボンニュートラル)です。
電気やガスはそれを作るときにどうしても化石燃料を燃やすことになりますので二酸化炭素を多く排出します。
また、木を伐採することは環境破壊のように思われていますが、炭を作る為に木を伐採することは環境破壊ではなく、環境保全です。
炭の原木は広葉樹で、木の種類によりますが、10年から30年で成木になります。伐採すると切り株から新しい芽が出て成長します。杉やヒノキの針葉樹は切り株から芽は出ません。若い木が生長するときは多くの二酸化炭素を吸収しますので、森が活性化されます。 森を育てる為にも木の伐採は必要なことなのです。
地球を破壊しない為に少しでも温暖化防止対策を採りましょう。
そのために炭を使うことをお勧めします。